ビジネスと事業承継

ビジネスと事業承継問題

ビジネスの事業承継問題

ビジネスでは事業承継が度々問題になります。多くは後継者不足によるものです。あなたがこれまで運営してきたビジネスを終わらせたくないが、後継者がいないと考える方も多いでしょう。そこで利用したいのがM&Aです。他の企業や、新しく始めようとする人に売却して、別の人に運営してもらう方法があります。あなたの技術がほしいと考える企業や、興味がある分野ではあるが一から立ち上げるのはハードルが高くあきらめている人など、社会全体を見渡すと意外と多い印象をうけるはずです。せっかく長い月日をかけて続けてきた仕事を閉鎖させてしまっては非常にもったいないことです。

中小企業で大きな課題の事業承継

ビジネスの世界では様々な課題に直面します。そんな中でも中小企業特有の課題として事業承継問題が近年クローズアップされています。中小企業では、多くの場合は自分の息子など身内に事業を引き継いでもらう事が多いものですが、ビジネスを取り巻く環境が厳しくなるにつれ、引き継がせるべきかどうかを悩む経営者が増えているのです。自分と同じ苦労を息子などにさせたくないと言う思いからです。一方で事業を引き継ぐ側の息子なども、せっかく親が頑張って来た会社を何とか継承したいと思う一方で、経営者よりも気楽なサラリーマンの道に進むべきではと悩んだりもします。この事業承継問題は、引き継ぐべきタイミングに直面して悩むのではなく、コンサルタントにも入ってもらい、できるだけ早期に、どうすべきかを考えるのが良いでしょう。

↑PAGE TOP

Copyright © ビジネスと事業承継問題 All rights reserved