ビジネス承継ポイント

ビジネス事業承継ポイント

ビジネスの事業承継のポイント

法人を代表している社長ですが、いずれ高齢となり事業を継続する場合、後継者をさがし、色々の手続きをしなければなりません。どこから手をつけていいのか、税理士などに相談しながら、計画的に少しずつ進めてゆくのが良いでしょう。ポイントを敢えてあげるなら、技術の承継、役職の問題、財政とくに株式、経営つまりビジネスの問題があるでしょう。技術は事業承継を受ける次期社長に時間をかけて教え込みます。役職は書類上と言うより自覚の問題です。内部留保が多額の中小企業は株式の異動も問題です。譲渡にするか贈与にするか、時間をかければ解決するでしょう。経営つまりビジネス感覚は難しい問題です。月次の試算表や決算に向けての税理士との打ち合わせなどに次期社長を立ち会わせるなどで、センスを磨いてゆくのが良いでしょう。

事業承継の三つの方法

ビジネスを事業承継するには、おおまかに分類すると三つの方法があります。まず、一つ目は家族のメンバーにビジネスを承継するという方法です。次に、二つ目として、会社の幹部社員、旧い言葉を使えば番頭さんに事業を承継するという方法があります。この方法は、現代風に言えば、MBO (Management Buy Out) ということになります。最後に、三つ目として、他の会社に事業を承継してもらうという方法があります。こちらも、現代風に言えば、M&A (Merger and Acquisition) ということになるでしょう。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; ビジネスと事業承継問題 All rights reserved