ビジネス承継対策

ビジネス事業承継対策

ビジネスの事業承継の対策

頑張って立ち上げたビジネス、しかしそのビジネスをどうやって次の世代につなぐのか。引退を考えた時にどういう対策を考えますか。後継者が既に決まっているなら次は事業ノウハウ、社員、お客を引き継ぐ時期と進め方を検討しましょう。後継者が決まらないときはM&Aなどが検討必要です。今までのブランドの歴史、社員、技術を売り渡し先に引き継ぐ、また、その価値を算出して売り渡さねばならないので、第三者的に事業の価値を査定できる人や会社の仲介が必要になります。また、そのような場合でも引き渡し後までどのようにスムーズに計画を進捗させるかのタイムテーブルや責任者も必要となります。事業承継はすべて個別の話となるので、M&A経験者の協力をもらうのが合理的に進むために必要かと思います。

事業承継がうまくいかない理由

ビジネスの事業承継に困っている人と言いますと、地方で過疎化の進んだ地域の経営者の方を思い浮かべる方が多いかもしれません。しかし、実際には、都市部においてもビジネスの事業承継に困っている企業経営者はたくさんいるという現状があります。何故なのかと言いますと、まず、企業経営者に息子がいたとしても、彼等は一流大学を出て大手企業に就職していることが多く、頭もいいので、旧態依然として時代遅れとなっている家業を承継したがりません。次に、娘に家業を継いでくれる人と結婚をさせようとしても、最近の若い女性はそんなのは時代遅れだと言って承知しないわけです。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; ビジネスと事業承継問題 All rights reserved