金融機関に手形を売却

金融機関に手形を売却する

金融資産売買での手形割引とは

商業簿記の学習にあたって、「手形」は必須になりますね。手形は資産の一種になります。従って現金と同等の価値を持つものになりますが、「現金」そのものではなく、何時までに現金を振り込みますという証書のようなものです。従って確実に現金が入ってくるものではありません。手形割引とは企業が現金の入金を待たず、金融機関に手形を売却した際にそのリスク分を割り引かれるものです。「必ず入金されるわけではないので、手数料としていくらかいただきますね」と考えればわかりやすいでしょう。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; ビジネスと事業承継問題 All rights reserved